医療従事者応援チャリティ

大変ご無沙汰しております。世の中非日常ことになっており、わたくし自身、心がざわついてなかなかいろんなことに手が回らない状態です。家でただひたすら仕事と絵を描く日々です。

チャリティたちあげました

コロナの患者を受け入れている病院はどこも大変な状態と耳にします。患者の命をまもるため、自らの危険を覚悟して治療看護にあたってくだささる方々。マスクも防護服も不足しているといいます。そういう物資を直接寄付することは叶いませんが、せめて何かの役にたてていただこうと、アート作品(絵・工芸・手芸・etc)の作品を作家さん方に無料提供していただき、お客様に購入していただいた売り上げを全額基金に寄付するチャリティをたちあげました。
 
東京都庁、スカイツリー、横浜の観覧車などが応援のためにブルーのライティングを行っています。それに習って「青っぽい作品」を募っておりますが、厳密にはこだわっておりません。
 
わたし単独では実現は難しかったのですが、友人たちが協力してくれることになり、仕事分担してスタートにこぎ着けました。
すでにたくさんの方の賛同もいただいております。
 
Facebookにページを作ってありますので、そちらからフォームにて参加申し込みができるようになっております。
https://www.facebook.com/blueartsforworkers/

念のため下記の概要をごらんください。
 

概要

●寄付先
今回の企画に趣旨などが一番合っているYafhoo!基金のプロジェクトに寄付いたします。
 
●作品の応募
今週中に作家が参加するためのフォームを用意いたします。
今しばらくお待ちくださいませ。
締め切りなどの大まかな目安は、第一弾お申し込み締め切りを5月10日と致しますので、第一弾でご参加予定の方はそれまでに作品と、作品を写した画像をご用意ください。

●作品の販売
ページのアルバム機能を使って詳細を記載します。
作品がある程度集まった時点で、ご購入できるようご案内させていただきます。オークションではないので、お申し込み順となりますが、公正をきすため、前もって販売開始の日時など告知いたします。
発送は第一弾は5月末あたりを目標にしています。
 
●作品で参加の概要
・チャリティということで、作品が売約になった場合、お客様にお送りする送料を差し引いた額を全額寄付。
・作品をこちらへお送りいただく送料は作家持ち。額などに納める場合も、すべて作品に付随する寄付とさせていただきます。
・お客様へはクロネココンパクトで発送いたしますので、以下のサイズに収まるような作品をお願いいたします。

平面:24.8cm×34cmのパッケージに収まるサイズ。
厚みのあるもの:20cm×25cm、厚み5cmのパッケージに収まるサイズ。
        (額付きの絵画もこちらになります。)

●作品の料金設定
チャリティということで、御自身のご活躍実績、普段の作品の販売価格に関係なく、2つの価格に設定させていただきます。最大の目的は、医療従事者の方々への援助です。またこの機会に、アートをなかなか買えなかった方にも作品が手に入るチャンスという意味合いも含ませていただきます。
 
料金設定は、¥5,000、または¥2,000の2コースです。
お申し込みの際にお申し出ください。
もちろんこの金額で販売、且つ全額寄付にご納得していただける方にご参加いただく形となります。
 
●作品の返却
もしもYahoo!基金の終了までに作品が残ってしまった場合、着払いでの返却となります。今後も何かとチャリティがある可能性もありますので、そのまま返却を希望せずに任せていただくということも可能です。
 
●作品の送り先
フォームでご参加表明していただいた後、こちらから個々にお知らせさせていただきます。お送りいただく方法は、普通郵便でも宅急便そのたどの方法でもかまいません。


みなさまのご参加を心よりお待ち申しております。

前の記事

チャリティのご報告 #2