なんちゃって…その後

こたつで丸くなりたいアーティスト・鳥飼規世です。いや〜、本日寒かったこと!
今日は2月はじめの教室。いらしたお二人には「なんちゃってテンペラ」の続きをやっていただきました。

○○前に買った年季の入った顔料

今回はとっても基本的な描き方で、顔料と卵の代わりにアクリル絵の具で描いていただいております。わたしが学生の頃に初めて習ったテンペラの通りの色味でハッチングにより最初の段階を描いていただき、本日はいよいよ好きな色を上から重ねて描いていく日でした。

自分がまずは試してみた

上の顔料の代わりに、アクリルで出来るだけ近い色でハッチングした上に、透明になるメディウムでまぜた絵の具でいろを塗っていけば下のハッチングが活かされるはず…と考えておりました。
少なくとも、前に載せたフラ・アンジェリコの模写の時は、グリザイユ(モノクロで立体表現を描写)した上に水で溶いたアクリルで上手くいったのです。透明になるメディウムは使ったことなかったので、生徒さんにお勧めした以上自分も試しておかねばまずいなと思い立ち、昨日ボッティチェリの天使の模写を指導した通りの手順で自分もハッチング。
 
さぁ、いよいよ色塗り。メディウム使ってみよう!と塗ってみましたら〜〜、みましたら〜〜。

 

なんだかすごいことになってしまいました。つるつるに磨き上げた画面のせいで、絵の具がムラムラです。天使がなにやらワイルドなロック青年になっていきます。ひーーーーー。

作戦変更!

わたしのは「悪い見本です!」と持参して、実物を見てもらうことで失敗した要因を説明。作戦変更で、生徒さんには「ひたすらハッチング!とにかくハッチング!」で出したい色の表現をやってもらうことになりました。透明メディウムは肌の透け感を出したいところ以外は使わず、水のみでどちらかというと不透明色なアクリル絵の具でハッチングしていただきました。おかげでみなさんの作品は無事に絵の具が綺麗に乗り、目指す色が表現されていきました。


今回はお恥ずかしい結果となりましたが、やってみないとわからないものです。
わたしも天使さん、このあとはハッチング!でちゃんと仕上げます。出来上がったらまた載せますね。

こんな怪しげな教室ですが、みなさんとっても楽しんでくださいます。
ご興味わいた方、見学はお気軽にどうぞ!

教室についての案内はこちら。>>SCHOOL


前の記事

チャリティのご報告