ねこ母ちゃんがんばります

仕事やらなにやら毎日バタバタしている、アーティスト・鳥飼規世(とりがいのりよ)です。夏からこっち、立て続けに獣医さん行きの我が家の猫ズで、昨日も通称お嬢えるちんことノエルをスリングに突っ込み(?)、獣医さんまで行って参りました。

平たい顔族ノエル。

スコティッシュフォールド。皆さんもテレビなどで見たことがある耳が折れている個体がいる人気猫です。それゆえ、無理なブリードで体にいろんな障害が出る子が多いです。前にうちの次男坊ノアールの話を少しだけ書きましたが、ノエルなど障害故なのか、遺棄されて新宿の繁華街放浪していたところを保護されました。保護されて我が家に来た頃は、脚の障害もそんなに目立つほどではありませんでしたが、スコ特有の脚の骨が変形する骨瘤も少し症状が進んでしまってます。

それでも元気に笑いを振りまくノエル

だったのですが、どうも先日から水をがぶがぶ飲んではおしっこを大量にする。いくらなんでもおかしいだろう!と、獣医さんにつれて行ったのであります。我が家は自動車もなければ、腰の手術してから自転車に乗れなくなったので、軽いノエルとノアールは首からスリングぶらさげて歩きます!獣医さんに行くだけで筋トレです!
 
本当は本日電話で結果を聞くはずだったのが、昨日獣医さんから緊急に電話が入りました。
結果は「腎不全」。
高齢猫には多い病気ですが、来月8歳というノエル。ちょっと早すぎです。我が家にくるまでの放浪生活で無理がたたったのか、そこはわかりません。
 
長男プーチンは慢性膵炎。ノアールはとにかく虚弱で障害だらけ。そこへ元気だったノエルの腎不全。猫パンチ数十回くらったよりショーーーーック!でした。
 
療養食と点滴や薬で現状より悪くならないよう治療開始となります。

ねこも家族!みんな大事!

ペット飼ってらっしゃらない方からしたら、ピンと来ないかもしれません。わたしもかつてはそうでした。けれど、猫もワンちゃんも、小鳥さんもウサギさんも、みんなみんな家族。
ノエルにまだまだ我が家で過ごしてもらうために、ねこ母ちゃんがんばるしかない!
 
ペット保険には入っているものの、やはりね、ずっと治療となりますと大変です。お世話するがんばる意味もありますが、がんばる=稼ぐ!でございます。デジタル仕事にプラスして、自分の作品どんどん生み出して、みなさんに気に入ってもらって、売らねばならぬっ!
 
作家として芸術性を追求する、絵の探求をするは大前提ですが、さらに売らねばならないのです!日本人は商売の話をするのはどこか下品であると考える傾向がありますが、いやいやいや、人間も猫も生きていくためには食っていかねばならない、ゆえに稼がねばならんのです!


オーダーも受けております

ここでいきなり作家らしい話題になるわけですが、みなさまのペットにかぎらず、こんな絵がほしいんだけど…などなど、ご要望にお応えいたします。玄関に飾りたいから明るいお花の絵を!というリクエストも承ったことあるのですよ。
 
今年いっぱいのオーダーはすでに締め切らせていただいてますが、年明けから随時またお受けする予定です。こんな絵がほしいんだけど…とオーダーフォームからお気軽にお問い合わせくださいませ。
 
サイトに載っている絵も、個人蔵以外の絵は販売いたしておりますので、こちらもどうぞお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。ちかいうち、専用の通販ページもアップ計画進行中です。どうぞよろしくお願い申し上げます。


オーダーに関する詳細ページ>>ORDER
オーダー専用お申し込みフォーム>>
お問い合わせフォーム>>
作品ページTOP>>WORKS