わんにゃんチャリティイベント

猫の保護活動に、少しだけ携わっているアーティスト・鳥飼規世(とりがいのりよ)です。8月に新宿の京王百貨店で開催されたイベントのお話です。

ハートの女王

朝日新聞社と京王百貨店のコラボイベント「みんなイヌ、みんなネコ」。今回が二回目。ワンちゃんネコちゃんの保護団体が一同にかいし、グッズなどを販売。新聞社の方では、一般から募集した元保護ワンちゃん、ネコちゃんの写真が展示されました。何より画期的なのが、デパートでの譲渡会の開催です!

大雨にもかかわらず大盛況

今年は初日、二日目と関東も大雨にみまわれましたが、そんな天気などふきとばすようにお客様がたくさんいらっしゃいました。わたしは、千代田区の猫保護団体「一般財団法人ちよだニャンとなる会」で、グッズのイラストや会報の漫画などを担当して普段からご協力させていただいているのですが、今回はニャリスの絵を4枚、会のブースに置いていただくことになりました。

初日に画像の「ハートの女王」をお買い上げいただいたそうで、他の3枚もイベント終了時には完売。他のブースの売り上げ同様に、一部がデパート通じて朝日新聞に送られ、寄付の一部として使っていただきました。

寄付金の合計は137万5915円。五日間ですごい金額です。イベントに協力した11団体に寄付されました。

それに関しての記事はこちら。>>SIPPO

ペットショップからではなく保護団体から

これからワンちゃん、ネコちゃんを飼いたいと思ってらっしゃる方。
ペットショップからではなく、保護団体から家族を迎えるという選択技もあることもどうぞお含みおきください。

わたしがご協力させていただいている「ちよだニャンとなる会」はこちら。>>ちよだニャンとなる会


おうちを待つワンちゃんネコちゃんが、みんなハッピーになれますように。

ページトップへ