作者冥利に尽きます

10月に夏ばてになりそうな、アーティスト・鳥飼規世(とりがいのりよ)です。
とっても嬉しいメッセをいただいたので、ご本人の許可をいただいて投稿させていただきます。

K様から送っていただいた拙作画像

通販対応の投稿をしてから、おかげさまで皆様がアクセスしてくださり、たくさん作品をお迎えいただいております。その中の一枚「バーチャル・ラビット」。タイトルは、大好きなミュージシャン、平沢進氏の歌から拝借しました。歌詞の内容とは関係なく、猫がウサギの着ぐるみ着ているという、まことにふざけた作品でございます。(自分で言うか!?)

初めての絵

ご購入いただいたK様から「届きました」のお知らせとともに、とても嬉しいメッセが届きました。

「人生で初めて絵を買ったのですが、こんなにハッピーになれるのですね♥」

さらにメッセは続きます。

「目の前で観る絵はライブ感があり、重みがあり、ステキで、もう、ただ、ただ、嬉しいばかりです。」

うひょーーーーー!びっくりです。
人生初に購入した絵が、私の絵とは!
そしてこんな風に喜んでくださるとは、嬉しいのはこちらの方でございます!
(文章アレンジしますと言っておきながら、嬉しいからほぼそのままです。)

気軽に楽しんでいただきたい

…とはいえ、諭吉さまが数名さまの絵画。そうそう簡単に買おう!と思う品物ではないと思います。
わたし自身、結構絵を集める方ですが、購入するときはかなり考えます。このサイトのトップページで、生活空間にとりいれていただきたいと申しておりますが、絵というものは言ってしまえば贅沢品。決して生活必需品ではありません。

それなのに、気持ちの必需品としてうまく生活に取り入れてくださる方々がいらっしゃる。ましてや初めての絵としてわたしの作品を選んでくださった。大変光栄なことです。作者冥利に尽きます!

仰々しく飾られる絵ではなく、空気のように生活に寄り添う絵、ふと目をむけたときにハッピーな気持ちになれる絵。気持ちがすっきりする絵。そんな絵をこれからも描き続けていきます。


K様、メッセ誠にありがとうございました。バーチャル・ラビット、可愛がっていただけたら幸いです。

ページトップへ